脊髄星細胞腫(astrocytoma)

髄内腫瘍では上衣腫に次いで多い
参考記事)髄内腫瘍の鑑別診断

・好発年齢は20-30歳。

・頸髄〜胸髄に多い。

・WHO gradeⅠ〜Ⅱ。小児では低悪性度が多い。

・腫瘍の存在する脊髄レベルでの疼痛が初発となることが多い。

・治療は手術であるが、浸潤性発育をきたすため、全摘が難しい。

脊髄星細胞腫の画像所見

・腫瘍がある部位の脊髄が腫大

境界が不明瞭で、周囲に浮腫を伴う。

偏心性に分布する傾向がある。

・20%程度で腫瘍内や腫瘍の上下に嚢胞を伴う。

・造影効果は均一〜不均一に認める。悪性度の低いものでも造影効果あることあり。

・頭尾方向に腫瘍は長く進展し、脊髄空洞症を伴うことあり。

星細胞腫と上衣腫の鑑別点
特徴 星細胞腫 上衣腫
好発年齢 小児〜若年者 成人
占拠部位 偏心性 中心性
境界 不明瞭 明瞭
出血 あまりない よくある(hemosiderin cap)
造影効果 局所的 一定しない

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら