骨斑紋症(osteopoikilosis)

・小さな骨島(海綿骨内の皮質骨)が、骨幹端、骨端優位に多発する疾患。

・しばしば常染色体優性遺伝。

・無症状のことが多い。

・25%に皮膚症状を合併する。(ケロイドや強皮症様病変)

長管骨、肩甲骨、骨盤骨、手根骨、足根骨小さい類円形の硬化斑(2~20mm)が多発する。

・びまん性の硬化性骨転移と紛らわしいことがあるので注意。

・成長が止まったあとは、変化しない。非進行性

骨シンチグラフィにて集積の異常は認めず、転移性骨腫瘍との鑑別に使える。

皮質骨の異常増殖(肥厚)を示す疾患
  • 骨斑紋症
  • 骨線条症(osteopathia striata)
  • メロレオストーシス(melorheostosis)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。