女性化乳房(Gynecomastia)とは

  • 男性の乳房の非腫瘍性肥大。
  • 特発性(原因不明)のこともある。
  • 片側にのみ生じることもある。
  • 基礎疾患や使用薬剤がなければ経過観察でよい。90%は一時的なもので1年半以内に自然消失する。
  • 乳癌のリスク因子ではない。

画像所見

  • エコー:乳頭を中心とする乳輪下の円形低エコー
  • マンモグラフィー:乳輪下の円形、三角形のdensityを呈する。
  • CT:乳腺組織の肥大を認める。

 

症例 70歳代男性 肝硬変

Gynecomastia

症例 20歳代男性

Gynecomastia

女性化乳房の鑑別診断

ホルモン性

  • 思春期(血中エストラジオール濃度が高い)
  • 高齢者(テストステロンが少ない)
  • アンドロゲン欠乏(加齢,精巣機能不全,腎不全,Klinefelter症候群)
  • 腫瘍(副腎,下垂体,精巣,肝細胞癌,肺)

全身性疾患

  • 肝硬変
  • 腎不全
  • 栄養失調
  • 慢性肺疾患
  • 甲状腺疾患

薬剤性

  • 蛋白同化ステロイド
  • ヘロイン
  • マリファナ
  • エストロゲン
  • 一部の化学療法薬
  • シメチジン
  • ジアゼパム
  • フェニトイン(アレビアチン)
  • スピロノラクトン(アルダクトン)
  • フロセミド(ラシックス)
  • ベラパミル
  • イソニアジドなど

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。

画像診断Youtube

画像診断のコツなどを動画にしています。 →画像診断チャンネルに登録する