胸骨傍リンパ節とは?

・内胸動脈に沿って存在するリンパ節。

・乳腺の内側部・胸壁上部の深層・横隔膜・心膜などからのリンパが流入する。

乳癌の転移と関係があり、臨床的に重要。

乳腺からのリンパの流れ

・内側:胸骨傍リンパ節へ。

・外側:大胸筋を貫いて胸筋リンパ節→中心リンパ節→鎖骨下リンパ節へ。

胸骨傍リンパ節転移を診断する上での注意点

・胸骨に近いので、リンパ節転移の胸骨浸潤を、安易に胸骨転移としない

胸骨転移となると血行性転移なので、化学療法、ホルモン療法となる。

・傍胸骨のリンパ節が徐々にサイズ大きくなり、前方に突出して、胸骨に浸潤したもの。転移であれば根治性が限りなく下がるが、原発性や領域リンパ節転移ならば根治の可能性は残る。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら