びまん性膀胱壁肥厚の鑑別診断

びまん性膀胱壁肥厚をきたす頻度の多い病態

  • 前立腺肥大や膀胱炎に伴うもの(最多)
  • 膀胱内腔の拡張不良
  • 前立腺肥大や神経因性膀胱による肉柱形成(trabeculation)
  • 慢性膀胱炎(感染(結核)、機械的刺激、薬剤、放射線、アレルギーなど)
症例 60歳代 陰茎がん術後、術後化学放射線療法施行後

bladder wall thickness due to radiation therapy

膀胱壁はびまん性に壁肥厚あり。

経時的な変化は認めず、放射線治療に伴う慢性膀胱炎(膀胱壁肥厚)としてフォローされています。

びまん性膀胱肥厚を来す稀な病態

  • 膀胱壁浮腫、出血
  • 悪性腫瘍(原発性(特に腺癌)、転移性、悪性リンパ腫の2次性involvement)、
  • 増殖性膀胱炎
  • 好酸球性膀胱炎
  • 薬剤性膀胱炎
  • ループス膀胱炎

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。