Sponsored Link

門脈圧亢進症の原因

portalhypertension

門脈圧亢進症に伴う臨床症候

脾腫、脾機能亢進症 脾腫の基準は最大断面の長径×短径>45、や長さが15cmを超えるもの。
門脈-大循環短路(門脈に帰れない血流がIVCやSVCに灌流する遠肝性側副血行路)
食道、胃、異所性静脈瘤
肝性脳症
腹水、腸間膜の浮腫性変化

門脈圧亢進に伴う側副血行路

・遠肝性側副血行路(門脈に帰れないので遠回りしてIVC,SVCに帰る)
・求肝性側副血行路(結局門脈に帰る)

の2つに分けられる。

遠肝性側副血行路

・噴門部・食道静脈瘤(cardiac and esophageal varices)
・胃腎短絡路(gastro-renal shunt:G-R shunt)
・脾腎短絡路(spleno-renal shunt:S-R shunt)
・傍臍静脈(paraumbilical vein)
・腸間膜静脈瘤
・肝内門脈瘤(門脈-肝静脈短路)
・精巣・卵巣静脈瘤
・直腸周囲静脈瘤

噴門部・食道静脈瘤(cardiac and esophageal varices)

cardiac and esophageal varices

胃腎短絡路(gastro-renal shunt:G-R shunt)/脾腎短絡路(spleno-renal shunt:S-R shunt)

gastro-renal shunt

傍臍静脈(paraumbilical vein)

pararectalvein

腸間膜静脈瘤

paraumbilical vein

求肝性側副血行路

・肝外門脈や脾静脈の閉塞では、求肝性の門脈側副路(膵頭・十二指腸・総胆管・胆嚢周囲の小静脈が吻合して形成される側副血行路=cavernous transformation)が見られる。

・おもに、①脾静脈-短胃静脈-胃冠状静脈-門脈 ②脾静脈-胃大網静脈-SMV-門脈へと形成される。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら