門脈圧亢進に伴う側副血行路

  • 門脈圧が上昇すると、門脈に血流が還れなくなり、正常では求肝性の血流の一部が遠肝性となり、側副血行路が形成される。(門脈に帰れないので遠回りしてIVC,SVCに帰る)
  • 原因としては肝硬変が最も多く、その他、特発性門脈圧亢進症、Budd-Chiari症候群、肝外門脈閉塞症など。
  • 遠肝性の側副路の1つである食道・胃静脈瘤などの消化管静脈瘤は、破裂すると出血により命に関わる。
  • 側副路が肝性脳症の発生に大きく関与している事も多い。
  • そのため、側副血行路を評価することは、治療方針決定を含めて極めて重要

正常の門脈血の流れ

  • 門脈圧亢進のない状態だと、下のように、
  • 上腸間膜静脈←食道下部、胃、十二指腸、小腸、上行結腸、横行結腸
  • 下腸間膜静脈←下行結腸、S状結腸、直腸上部
  • 脾静脈←脾臓、胃、膵臓

へと合流し、それらが門脈へと合流する。

normalportal1

遠肝性側副血行路(門脈に帰れないので遠回りしてIVC,SVCに帰る)

  • 噴門部・食道静脈瘤(cardiac and esophageal varices)
  • 胃腎短絡路(gastro-renal shunt:G-R shunt)
  • 脾腎短絡路(spleno-renal shunt:S-R shunt)
  • 傍臍静脈(paraumbilical vein)
  • 直腸周囲静脈瘤
  • 腸間膜静脈瘤
  • 肝内門脈瘤(門脈-肝静脈短路)
  • 精巣・卵巣静脈瘤


噴門部・食道静脈瘤(cardiac and esophageal varices)

cardiac and esophageal varices


胃腎短絡路(gastro-renal shunt:G-R shunt)/脾腎短絡路(spleno-renal shunt:S-R shunt)

gastro-renal shunt

傍臍静脈(paraumbilical vein)

pararectalvein

直腸静脈瘤

paraumbilical vein


症例 50歳代 男性 肝硬変

rectum varix

肝硬変あり。直腸に静脈の発達あり。側副血行路の発達を疑う。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。