Sponsored Link

脊髄疾患(T2WIで高信号)総論

[illust_bubble subhead=”脊髄がT2WIで高信号のとき” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”nayami-w1-l”]どういった疾患を鑑別に挙げればいいかいつも悩んでしまいます。[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”そうですね。” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]脊髄がT2WIで高信号を呈する時、

浮腫、脱髄、軟化、グリオーシス、空洞化など

が生じた状態を反映しています。大きく以下の鑑別を挙げましょう。[/illust_bubble]

脊髄疾患(T2WIで高信号)の鑑別

・腫瘍
・脊髄空洞症
・圧迫性病変による脊髄症
・炎症・脱髄・代謝性疾患
・脊髄梗塞
・spinal AVFなどの血管障害

さらに細かくみると、下のマインドマップを参照してください。

脊髄の異常信号

[illust_bubble subhead=”そして” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]脊髄病変へのアプローチとしては次の手順でおおまかに進めましょう。[/illust_bubble]

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”sq”]

1st:臨床経過に着目
・超急性発症→血管障害
・急性〜亜急性→脱髄・炎症性疾患
・慢性→腫瘍性病変

2nd:分布に着目(横断面の全体に広がっている場合は困難)
・後索(特に楔状束)→亜急性連合性脊髄変性症
・前角〜前根→Guillain-Barre症候群
・神経叢の腫大→慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIPD)

3rd:臨床情報に着目(血液検査所見や他臓器の画像診断)
(例)
・サルコイドーシス→肺門リンパ節腫大、髄液中のACE高値
・傍腫瘍性神経症候群→悪性疾患の存在、各種自己抗体陽性
・水痘・帯状疱疹ウイルス脊髄炎→先行する帯状疱疹や髄液中のウイルス抗体上昇

[/colored_bg][illust_bubble subhead=”なるほど” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”normal-w1-l”]最終的に診断までたどり着くのは難しそうですけど、アプローチの仕方がわかりました。かなり頭がすっきりしました。[/illust_bubble]

Sponsored Link

 

関連記事はこちら