甲状腺の正常値

  • 正常の甲状腺重量は15~35gで、個人差が非常に大きい。
  • 女性では月経や妊娠中に甲状腺が腫大する。
  • 一般的に、甲状腺片葉の前後径が30mm以下、幅が20mm以下を正常、これより大きい場合を腫大という。
  • また、峡部が3mm以上肥厚している場合も腫大があるとされている。
  • 甲状腺はヨードを含有しているために単純CTにて高吸収を示す。正常甲状腺の CT値は70~120HUであるといわれている。

臨床的意義

  • 甲状腺疾患における第一選択の検査法は超音波検査で、CTやMRIは病変の浸潤範囲やリンパ節転移の評価目的に行われる。
  • つまり、CTやMRIでは良悪性を判断できる確定的所見はない。偶発甲状腺腫を見つけたら、エコーをすすめる。(CTでの偶発甲状腺腫の発見率は16%、その中でも悪性の可能性が高い病変は10%前後。)
  • 甲状腺のCT値は、ヨード含有量の減少や濾胞細胞の増加、または腫瘍細胞による置換により低下する。
  • CTにて甲状腺がびまん性に腫大し、吸収値が低下する病態として橋本病やBasedow病があり、その他に悪性リンパ腫や甲状腺癌、甲状腺転移などがある。

関連記事)甲状腺の腫瘤・結節を指摘!検査はどうすればいい?

症例 40歳代男性 正常例

anatomy of thyroid CT finding

単純CTの横断像です。

気管の前方・左右を取り囲むように甲状腺が存在しているのがわかります。

ヨードを含むため、甲状腺はこのように周囲の筋肉と比較して高吸収(白い)となります。

関連)抗不整脈薬であるアミオダロンはヨードを含むため、肝臓に沈着すると肝臓が通常よりも高吸収になります。→アミオダロン肝とは?CT画像診断は?

症例 40歳代女性 橋本病(腫大は目立たない)

hashimoto

甲状腺両葉は正常よりも低吸収化(黒い)しています。

甲状腺の腫大は目立ちませんが、甲状腺機能低下に矛盾しない所見です。

甲状腺のCT読影の注意点と限界

  • 辺縁鮮明円滑なものは良性のことが多い。しかし例外も少なくない。
  • 石灰巣の有無、造影剤増強の程度、嚢胞成分の混在などは、良性・悪性の鑑別点とならない
  • 完全な嚢胞(CT、超音波で)以外は、良性と断定できる画像診断法はない。つまり、CTでは完全な嚢胞以外は、良悪性について診断できない。
  • Basedow病に伴う甲状腺腫のCT値は低い
  • 画像所見以外で、甲状腺腫瘤が悪性である可能性が高い因子としては、14歳以下、70歳以上、男性、頸部への放射線被ばく歴がある、甲状腺癌の既往、乳癌の既往、家族歴、家族性ポリポーシス、Cowden症候群、Gardener症候群などの遺伝性疾患がある場合。

スポンサーリンク

関連記事はこちら