結腸憩室炎(colonic diverticulitis)

・大腸憩室に糞便などによる閉塞→二次的な感染により生じる。

・中年以降に最も多い。

・憩室の部位は日本人だと右結腸に70%、左結腸、全結腸にそれぞれ15%みられる。ただし最近は左側が増加。

・臨床症状は虫垂炎、腸炎とほとんど変わらない。

・憩室が存在すること、右下腹部痛の場合は、虫垂が正常(or切除後)であることを確認し、必ず虫垂炎を除外した上で診断する。

・憩室は腸間膜の反対側(大網ひも、自由ひも側)に好発する(空腸憩室は腸間膜付着側に、結腸憩室は結腸ひもに接して好発する。)。

・憩室は漿膜下への突出であり、合併症としては腹腔内へ穿孔してfree airを生じることもあれば、漿膜下へ穿通することで腸管に付着する腸間膜内に限局したair像を呈することもある

・後者の場合、炎症波及や膿瘍は腹膜の存在によりその領域に限局する。

関連記事)大腸憩室炎の原因はストレスもある?治療はどうする?

憩室炎の画像所見

・憩室の壁が厚く、造影効果が高い。

・炎症の責任病変となる憩室周囲に炎症所見(dirty fat sign,腹膜筋膜の肥厚、液貯留)がある。

5~15cmに及ぶ、壁の3層構造が保たれた全周性の腸管壁肥厚(感度98%)

・ただし全周性でないことも多い

※腸炎なら全周性。15cm以上に及ぶ腸管の浮腫性変化は腸炎と考えた方が良い。

低吸収である粘膜下層が著明に肥厚する。(内から高吸収の粘膜層、低吸収の粘膜下層、高吸収の漿膜と並ぶ。)

・炎症所見を欠く憩室の存在。

・虫垂は正常。特に右下腹部のときは虫垂炎を否定する。

動画で学ぶ憩室炎①(上行結腸憩室炎(回盲部憩室炎))

▶キー画像

diverticulitis1 diverticulitis

colonic diverticulitis

 

動画で学ぶ憩室炎②(S状結腸憩室炎)

▶キー画像sigma sigma1

憩室炎の治療

(1)腸間膜付着側の穿孔
限局的。腸間膜内への膿瘍形成することあり。治療は保存的。必要な場合は膿瘍に対して、CTガイド下ドレナージ。

(2)腸間膜付着部以外の穿孔
広範囲に広がりやすい。遊離している部分が多い横行結腸、S状結腸憩室炎。虫垂炎など。治療は、非常に限局している例外的な場合を除いて手術。

参考)腸管壁の3層構造とは?



関連記事はこちら