Sponsored Link

抗リン脂質抗体症候群(APS)の症状は?

  • 動・静脈血栓症
  • 習慣性流産
  • 腎機能低下
  • 皮膚の網状皮斑, 皮膚潰瘍
  • 血小板減少症

を発症する。

静脈血栓症は下肢の深部静脈血栓が多い。
他、静脈洞血栓の原因となる。

静脈に比べると頻度は低いが動脈にも血栓を生じることがあり、動脈では脳血管障害(大きな梗塞、皮質梗塞、ラクナ梗塞など)が多い。

さらに腎の血栓性最小血管障害を生じ、腎機能低下を来す。

他、皮膚では網状皮斑, 皮膚潰瘍などが見られることがある。

参考)習慣性流産の原因

  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 転座
  • 子宮形態異常
  • 頸管無力症 など

抗リン脂質抗体症候群(APS)の原因は?

原因は原発性とSLEなどに合併する二次性がある。

SLEの33-40%に合併する。

抗リン脂質抗体症候群(APS)の検査は?

血液検査

検査所見では凝固を抑制し、aPTTが延長する。

  • 抗カルジオリピン抗体(抗CL抗体)
  • β2GPI 依存性抗CL抗体
  • ループスアンチコアグラント

を測定する。

画像検査

  • 脳MRI/MRA
  • 肺血流シンチグラフィ
  • 血管造影

で血栓像の有無を見る。

参考文献)
画像診断 vol.28 No.11 2008 P1145-1146
画像診断 vol.24 No.3 2004 P282-283

STEP消化器/膠原病 P362-363

Sponsored Link

 

関連記事はこちら