Salter-Harris分類とは?

  • 骨端線の障害による骨の障害は関節不適合を起こす可能性あり、診断が重要。その際に最も広く使用されているのがこのSalter-Harris分類。
  • 小児期での成長板(骨端線)の損傷の分類に用いる。
  • 好発部位は橈骨遠位>指骨。
  • 治療方針や予後推定に重要とされる。
  • 骨折線が骨端線を介してどの方向に及ぶかで分類する。
  • Ⅱ型が最多。数字が大きくなるにつれ予後不良となる。Ⅰ型、Ⅱ型は予後良好、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴは予後不良。
  • 単純X線による評価であるが、MRIを追加すると、潜在骨折が見つかることあり。

Salter-Harris分類

  • I型:骨端線離開
  • II型:骨折線は骨端線を通過し対側の骨幹端に三角形の骨片がみられる。もっとも多い型。
  • III型:骨折線は骨端から骨端線を通過し骨端に連続する骨端の部分骨折。
  • IV型:骨端から骨端線を抜け骨幹端に連続する骨折。
  • V型:骨端線の長軸方向の圧縮力による挫減が起こる。

Salter-Harris1

症例 14 歳の女子。左手首の疼痛。転倒あり。

Salter-Harris2014年放射線科診断専門医試験問題7番より引用。

 

橈骨遠位端に骨端線の離開を認めています。

骨幹端にも骨折線は及んでおり、Salter-Harris分類2型を疑う所見です。



関連記事はこちら