Sponsored Link

眼窩吹き抜け骨折(blow out fracture)

・眼窩骨折で最多。

・正面から眼にボールが当たるような鈍的な衝撃→眼窩内の圧上昇→眼窩壁が破綻、骨折する。

・眼窩の下壁内側部および内側壁(紙様板)に多い。眼窩吹き抜け骨折は下壁の骨折を一般的に指す。

・下壁から上顎洞に、内側壁から篩骨洞に、眼窩内脂肪や外眼筋が逸脱することがあり、上下方向の眼球運動障害、複視、眼球陥凹などを生じる。

・特に、下斜筋下直筋上顎洞へ嵌頓した場合に、上方視、斜上方視が障害され、複視を生じる。ただし、眼窩内容物の逸脱が多い場合は、正中位にあっても複視を生じることあり。

・内側壁の骨折では眼窩内気腫を合併することあり(5割程度)。

・眼窩上壁の骨折は前頭洞の骨折によりblow-in骨折を生じる。

・治療は、骨折整復術。

こちらも詳しくまとまっています。→眼窩吹き抜け骨折の症状、画像診断、手術適応まとめ!

眼窩吹き抜け骨折の画像所見

・CTでは冠状断像での評価が有用で、眼窩底から逸脱した脂肪や筋肉を評価する。

・骨折の評価はCTが、軟部組織の評価はMRIがそれぞれ適している。

症例 20歳代男性 顔面打撲、複視、頭痛あり。

Blowout fracture

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら