精巣捻転(Testicular torsion)

  • 好発年齢は新生児期および思春期(思春期>新生児期)。
  • 停留精巣や多精巣などが精巣捻転の危険因子となる。
  • 鞘膜外捻転(extravaginal torsion)と鞘膜内捻転(intravaginal torsion)に分けられ、前者は新生児に多く、鞘膜ごと鞘膜内容物と一緒に捻転する。一方、後者は思春期に多い。鞘膜内捻転はさらに、精巣捻転と、精巣間膜捻転に分けられる。
  • 精巣捻転と精巣垂捻転では、疼痛が症状の主体。腫れてくるのはそのあと。ショック状態になることもある。
  • Prehn’s sign(精巣を恥骨結合上部まで挙上)で痛みが軽減→急性精巣上体炎痛みが軽減しない→精巣捻転を疑う
  • 捻転した精巣が温存できるのは発症してから6-12時間以内の捻転解除が必要。ただし自然に捻転が修復することもある。用手的に解除できない場合は、速やかに手術が必要となる。
  • 処置が遅れる(24時間を越えると)と出血性梗塞をきたし、精巣摘出が必要となる。
  • なお精巣捻転は繰り返すことがあり、精巣捻転の既往の聴取も重要。

精巣捻転の画像所見

  • 超音波検査にて捻転精巣は内部エコーは等〜低エコー、ドプラーで血流を認めない
  • MRIではT2WIで高信号〜低信号とさまざま。造影効果の低下〜欠損を認める。サブトラクション画像も有用。
  • 99mTcO4-シンチにおいて、急性陰嚢症は、集積を認めない場合は精巣捻転症を、集積亢進を認めれば、急性精巣上体炎を考える。
急性陰嚢症の鑑別診断
  • 精巣捻転
  • 精巣垂捻転
  • 精巣上体垂捻転
  • 精巣上体炎
  • 急性精巣炎
  • 精巣区域高速
  • 外傷性精巣破裂

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。