Sponsored Link

関節リウマチに伴う肺病変のCT所見

ra1

気道病変

  • 他の膠原病疾患に比べ気道病変の頻度が高い:30-40%合併
  • Sjogren症候群とともに気道病変が比較的高頻度。
気管支拡張症
  • 下肺野優位。
  • 小葉中心性陰影、tree-in-bud appearance
閉塞性細気管支炎
  • RAやSjogren症候群に関連したものがよく知られる。
  • RAによるもの、治療薬のD−ペニシラミンによるものがある。
濾胞性細気管支炎(FB)
  • 小葉中心性の結節、GGO内部にみられることが多い。
びまん性汎細気管支炎

Sponsored Link

間質性肺炎

・UIP>NSIP>OP

・50〜60歳代男性により高率。

・NSIPやOPは予後良好。

・関節症状が先行し、皮下結節を有すること多い。

※膠原病ではNSIPを呈することが比較的多く、逆にNSIP症例において、基礎疾患に膠原病を有することが多い(16%)。

胸膜病変

・最も頻度の高い合併症であり、剖検では40%〜75%の頻度。

・臨床的に症状を呈するのは20%程度。

・40〜50歳代の男性が典型的。

・活動性の関節症状を有する。

・皮下結節陽性例に多い。

リウマチ結節(rheumatoid nodule)

・類壊死性結節(necrobiotic nodule)。

・皮下結節が最もよく認められる。

・RA患者の0.18-3.0%に肺野に結節ができる。(RA患者の22-25%にRA結節が見られる。)

・男性、皮下結節陽性例、リウマチ因子高値例に多い。

・単発あるいは多発結節(73%)。

・上葉に多く、末梢領域の胸膜に接して出現することが多い。

・空洞形成を伴うことがある(38%)。

・通常は数㎜~3㎝。ただし7㎝の報告もある。

・FDG-PETのSUV値は2.5以下 肺癌との鑑別に有用。

・自然消失や再発もみられる。

Caplan 症候群

・関節リウマチに塵肺や農夫肺病を合併したもの。

・この場合、多発性の急速進行性の壊死性結節を形成する。

 二次性肺病変

・薬剤性肺炎:抗リウマチ薬、生物学的製剤 MTXによる薬剤性肺炎:1%

・日和見感染症:PCPや結核。

薬剤性肺障害

ra2

MTXによる薬剤性肺障害
  • MTXによる薬剤性肺障害はNSIP、OP、DADパターンが報告あり。
  • 機序としてはアレルギー性が想定されており、開始後6ヶ月以内の発症が多い。
  • 発生頻度はRA患者の全体で1-2%。
  • 急性あるいは亜急性に発症する乾性咳嗽、発熱、呼吸困難が見られる。
  • CTではすりガラス影が両側に見られる。PCPと判別が困難な場合がある。

Sponsored Link

RA関連肺病変の特徴

  • リウマチ歴が長く、リウマチ因子高値で、皮下結節を有している人に多い。
  • 通常は男性に多いとされる。
  • 複数の画像パターンが同一患者に認められることが多い。この点が、IIPにおける間質性肺炎との相違点でもある。

RA患者に対し,MTXと生物製剤を使用する際胸部CTで注意を要する肺病変

  • 肺結核→MTXと生物製剤を使用は禁忌。
  • 慢性(線維化)間質性肺炎
  • COPDなどの慢性肺疾患
  • 非結核性抗酸菌症を否定できない陰影を認めた場合には、精査する。
症例 30 歳代の男性。関節リウマチに対する治療開始前

RA lung CT2010年放射線科診断専門医試験問題22より引用。

関節リウマチ患者において、両側下葉末梢優位に網状影あり。間質性肺炎あり。生物製剤投与は行えるが、薬剤性肺障害の発症に留意が必要。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら