Sponsored Link

浮腫性胆嚢壁肥厚(edematous wall thicking of the GB)とは?

・胆嚢壁は漿膜下層が最も結合組織が疎であり、浮腫が起こりやすい。

・内膜の肥厚ではなく、漿膜下の肥厚によるため、胆嚢炎とは異なるので注意。

・炎症がなくても、胆嚢壁が肥厚することがあるということを知っておく。

・機序としては静脈うっ血による浮腫。
(※胆嚢静脈は胆嚢床周囲の肝実質に還流するため、肝類洞圧が上昇→胆嚢静脈の鬱滞→漿膜下壁肥厚と成る。)

胆嚢壁が肥厚する機序
  • 炎症による→急性胆嚢炎
  • 静脈鬱滞による→漿膜下浮腫

 

右心不全、低蛋白血症、急性肝炎、肝硬変などにより、胆嚢壁の浮腫性を認めることがある。

・胆嚢静脈は胆嚢床周囲では、肝実質内に直接流入する。

  1. 流入先の圧が上昇=肝類洞内圧が上昇→胆嚢静脈のうっ血
  2. アルブミン産生低下などで血漿膠質浸透圧が低下して、むくむ。
    といったことが原因で生じる。

浮腫性胆嚢壁肥厚(漿膜下浮腫)の画像所見

・CTでは肥厚した部位は、壁の外で、水の吸収値を示す。胆嚢炎のように周囲に脂肪織濃度上昇や毛羽立ちは認められない。

・心不全や急性肝炎などによる場合は、肝内にperiportal collarも認められることがある。

▶症例 60歳代男性 右心不全による胆嚢漿膜下浮腫

GBedema

動画で学ぶ右心不全による胆嚢漿膜下浮腫

急性胆嚢炎との鑑別は?

問題となるのが急性胆嚢炎との違いです。

急性胆嚢炎の場合は、

  • 胆嚢頸部に結石が嵌頓する。
  • 胆嚢内部に浸出液が溜まる。
  • びまん性の腫大を認める。

といったことが多く、また漿膜下が厚くなることはあまりない。

これに対して、漿膜下浮腫は、

  • 胆嚢はむしろ虚脱している。緊満感を欠く。
  • 漿膜下の浮腫が著明。
  • periportal collarを伴うことがある。

といった画像所見や、臨床所見から鑑別していく。

参考記事)periportal collar signの画像診断

Sponsored Link

 

関連記事はこちら