ワルチン腫瘍(Warthin’s tumor)

  • 中年男性に多い。2番目に多い良性腫瘍。

中年男性で下極の耳下腺腫瘍ならワルチンでよし。

  • 耳下腺腫瘍の15%。
  • 薄い線維性被膜を持つ楕円形の腫瘤。
  • 喫煙との関連性が高い。
  • 両側性、多中心性発生が10%。
  • 99mTcシンチにて集積像PETでも集積あり。
  • 中年・老年男性。
  • 耳下腺下極後方(尾部
  • 境界明瞭な腫瘍を呈する。
  • 造影後は増強効果に乏しい。

ワルチン腫瘍の分類

  • 嚢胞型:T2強調像で均一に高信号
  • リンパ間質型:均一に低信号
  • 混合型:不均一で隔壁が見られる。
    (岩井、池田ら、耳喉頭頸1994)

とややこしいが、位置と中年男性ってことで決め打ちでよい。

一般的にT2WIにて低信号のことが多い。

症例 60歳代男性  左頸部腫脹

左耳下腺下極に23mm大の腫瘤性病変あり。
T2強調像で低信号の内部に嚢胞変性を疑う所見を認めています。
(右の耳下腺下極にも小さな腫瘤があります。)

唾液腺シンチでは左耳下腺下極に集積を認めています。

ワルチン腫瘍(Warthin腫瘍)を疑う所見です。(右の下極のものもワルチン腫瘍の可能性あり)

症例 51 歳の男性。数年前より両側耳下部の腫脹があり,徐々に増大してきたため来院。

Warthin's tumor2005年放射線科診断専門医試験問題13より引用。

造影CTにて左にサイズの大きな耳下腺腫瘤を下極に認める。造影にて不均一に造影され、T1WIおよびT2WIにて不均一な信号を示す。T2WIにては信号低下が目立つ。

多発している点、造影効果が乏しい点、中年男性である点、腫瘤は耳下腺下極に認めている点、いずれもワルチン腫瘍を疑う所見。

症例 60歳代男性、左耳下腺腫瘤の精査

Warthin tumor(放射線科診断専門医2010年71番画像より引用)

唾液腺にFDG PETおよび唾液腺シンチにて異常集積あり。

ワルチン腫瘍を疑う所見。

症例 60歳代男性、左頸部腫瘤の精査

Warthin tumor mri scinti

放射線科診断専門医2012年20番画像より引用。

左耳下腺にT2WIで低信号、STIRにて高信号の腫瘤性病変あり。99mTcO4で集積あり。ワルチン腫瘍に特徴的。

症例 60 歳代の女性。左耳下部のしこり。

Warthin tumor2013年放射線科診断専門医試験問題73より引用。

99mTcO4で集積あり。ワルチン腫瘍に特徴的。

症例 60歳代の男性。耳下部腫瘤

2018年放射線科診断専門医試験問題14より引用。

左耳下腺浅葉〜深葉にやや壁の厚い嚢胞性病変あり。

中年男性であり、嚢胞型のワルチン腫瘍が第一に疑われます。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。
【DICOM買い取ります!】 お持ちの典型的で教育的なDICOMデータを買い取ります。 詳しくはこちら