ワルチン腫瘍(Warthin’s tumor)

  • 中年男性に多い。2番目に多い良性腫瘍。

中年男性で下極の耳下腺腫瘍ならワルチンでよし。

  • 耳下腺腫瘍の15%。
  • 薄い線維性被膜を持つ楕円形の腫瘤。
  • 喫煙との関連性が高い。
  • 両側性、多中心性発生が10%。
  • 99mTcシンチにて集積像PETでも集積あり。
  • 中年・老年男性。
  • 耳下腺下極後方(尾部
  • 境界明瞭な腫瘍を呈する。
  • ダイナミックCTやMRIでは早期濃染され、washoutされる。

耳下腺腫瘍の造影パターンはこちらがわかりやすいです。

ワルチン腫瘍の分類

  • 嚢胞型:T2強調像で均一に高信号
  • リンパ間質型:均一に低信号
  • 混合型:不均一で隔壁が見られる。
    (岩井、池田ら、耳喉頭頸1994)

とややこしいが、位置と中年男性ってことで決め打ちでよい。

一般的にT2WIにて低信号のことが多い。

症例 60歳代男性  左頸部腫脹

左耳下腺下極に23mm大の腫瘤性病変あり。
T2強調像で低信号の内部に嚢胞変性を疑う所見を認めています。
(右の耳下腺下極にも小さな腫瘤があります。)

唾液腺シンチでは左耳下腺下極に集積を認めています。

ワルチン腫瘍(Warthin腫瘍)を疑う所見です。(右の下極のものもワルチン腫瘍の可能性あり)

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。