側方髄膜瘤(lateral meningocele)

軟髄膜が椎間孔あるいは椎体の欠損部位から異常なヘルニアを起こした状態。

神経線維腫症(neurofibromatosis)に合併して起こりやすい。

・軟髄膜の脱出であるため、内部は脳脊髄液で満たされている。このためMRIでは腫瘤と脊髄腔との連続性がわかりやすい。

・頻度が高い神経原性腫瘍との鑑別が問題となるが、神経原性腫瘍は軟部組織の吸収値を呈し、一般に造影効果を持つため、鑑別は容易なことが多い。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら