甲状腺先天性疾患

1、形成異常

  • 非常に稀。
  • 片側葉あるいは両側葉の欠如。
  • 片側葉:左葉>右葉
  • 欠けているから異所性甲状腺だと思ってしまい、舌根を探したりするが、それでもないので、診断に至らない。

2、異所性甲状腺

  • 90%は舌盲孔部(舌甲状腺)に存在する。
  • 8割が機能性甲状腺組織。誤って切除しないようにする。切除すると甲状腺機能低下症になる。
  • CTが有用で単純CTで高吸収となるのが特徴。
症例 20 歳代の女性。睡眠時無呼吸症候群の精査。

ectopic struma2014年放射線科診断専門医試験問題70より引用。

頸部単純CTにて正中に高吸収域あり。

また本来甲状腺のある部位に甲状腺を認めず、異所性甲状腺の疑い。

 

症例 22 歳の女性。嚥下障害を主訴に来院。

ectopic struma2005年放射線科診断専門医試験問題12より引用。

単純CTにて舌根部の正中に境界が明瞭なの高吸収腫瘤あり。

MRI T1 強調像矢状断では低信号〜等信号をきたしている。

舌根部甲状腺(異所性甲状腺)を疑う所見。

症例 3 カ月の男性乳児。精査のため99mTcO4-検査を受けた。

ectopic struma2008年放射線科診断専門医試験問題67より引用。

正常甲状腺への集積を認めず、顎下腺への生理的集積の中央やや頭側に異常な集積あり。

舌根部甲状腺を疑う所見。

異所性甲状腺の多くは甲状腺機能低下をきたす。

症例 34 歳の女性。CT で舌根部に腫瘤を指摘。

ectopic struma1

2005年放射線科診断専門医試験問題67より引用。

正常甲状腺への集積を認めず、舌根部正中に集積亢進あり。舌根部甲状腺を疑う所見。

3、甲状舌管嚢胞(正中頸嚢胞)

  • 65%が舌骨甲状間膜部
  • 舌骨上、舌内にも。MRI/CTが有用。
  • 舌骨上は正中、舌骨下は正中/傍正中。
  • 単房性〜多房性
  • 感染合併
  • 甲状腺癌の合併<1%
症例 70歳代男性 スクリーニング

甲状舌管嚢胞(正中頸嚢胞)のCT画像

甲状舌管嚢胞(正中頸嚢胞)を疑う所見。

動画でこの症例をチェックする。

症例 30 歳代の女性。頸部腫瘤

thyroglossal duct cyst

2012年放射線科診断専門医試験問題19より引用。

関連記事はこちら