真菌性副鼻腔炎(fungal sinusitis)

  • アスペルギルス、ムコールなど(免疫低下状態、糖尿病)
  • 急性浸潤性、慢性浸潤性、菌球、アレルギー性の4つに臨床分類、各々の移行や合併の場合もある。
  • 上顎洞、篩骨洞>>蝶形骨洞、前頭洞ではまれ。
  • 結節状の粘膜骨膜肥厚、石灰化(菌球形成)
  • 浸潤性の場合、多数の限局性骨破壊を認め、悪性腫瘍との鑑別が難しい場合もあり。
  • アスペルギルスでは血管炎を併発するため、血栓形成や出血性脳梗塞を起す事がある。

菌球(寄生型)慢性真菌性副鼻腔炎の画像所見

  • 菌球は洞中心部に位置し、内部の菌糸を反映する鉄分、マンガン、集簇する石灰化によりCTで高吸収、T2WIで低信号を示すのが特徴。
  • 菌球の石灰化はほとんどが副鼻腔の中心部に存在するのに対し、非真菌性の慢性副鼻腔炎の石灰化は多くが辺縁部に存在する。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。