後腎傍腔(posterior pararenal space)

  • 内側は大腰筋に接しており、左右の交通はない
  • 外側の外側円錐筋膜外の脂肪層は腹膜前脂肪層と連続している。これに沿って病変が前腹壁へ波及することがある。
  • 尾側では体壁や脊椎へ病変が波及することがある。
  • 上方は横隔膜、下方は骨盤部の腹膜外腔とつながっており、液体貯留やガス貯留の際の上下方向の交通路になる。

posterior pararenal space

Meyers MA:Acute extraperitoneal infection.semi Roentgenol 8 : 445-464,1973を引用改変

後腎傍腔の病変

  • 腎の後方の異常吸収域として認められ、後腎筋膜の肥厚や大腰筋輪郭の不鮮明化を伴う。腎周囲腔の脂肪組織は前方へ圧排される。
  • 腎周囲腔の脂肪層正常+背側に液体貯留や腫瘤→後腎傍腔の病変が第一に疑われる。

しかし、

  1. 腎後方へ進展した腹腔内、
  2. 腎後方へ進展した前腎傍腔内、
  3. 腎周囲腔背側の隔室内、
  4. 下方へ進展した胸腔内 の病変の可能性もある。
関連記事

 

参考)
臨床画像2011年6月 後腹膜の解剖と画像 丹野啓介先生 自治医科大学付属さいたま医療センター
画像診断2011年10月 後腹膜腔のCT解剖 竹口隆也先生 三井記念病院
画像診断2005年6月 後腹膜再訪 荒川昭彦先生 熊本労災病院

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。