肺癌放射線治療中もしくは治療後に起こりうる病態

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”sq”]

5つある。

・放射性肺臓炎、放射性肺線維症

・局所腫瘍残存あるいは再発。

・感染症

・癌性リンパ管症

・放射線原性腫瘍

[/colored_bg]

放射性肺臓炎、肺線維症

・発症時期により2大別される。

急性の放射性肺臓炎(acute radiation pneumonitis)
・照射終了後4-12週(6ヶ月以内)
・一過性

晩発性の放射性の肺線維症(late radiation fibrosis):
・照射終了後6-12ヶ月
・しばしば進行

3型に分類する
1. Modified conventional pattern:2門照射のころの陰影に似たもの。

2. Masslike pattern→再燃/再発との鑑別に注意。最も問題となるタイプ

3. Scarlike pattern

その他、放射性肺臓炎の注意点はこちら

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら