肺カンジダ症(Candidiasis)

血液悪性疾患、AIDS、DM、カテーテル挿入者、広域抗生剤使用者などに感染。

・病理所見は、血行性進展および血管内浸潤および経気道性散布あり。

▶CT所見:

両側多発結節±浸潤影+halo sign

・他の感染症、特に侵襲性のアスペルギルス症とは鑑別が困難。似ている。

・アスペルギルス:小葉中心性結節が高頻度で経気道散布が多い。
・カンジダ:ランダム分布結節が高頻度で、血行散布が多い。
・CT-haloは同程度。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。