浸潤性腺癌(浸潤性肺腺癌)

肺腺癌の分類・浸潤性腺癌は、準定量的に組織パターンを評価し、その優位パターンに基づいて分類する。

従来混合型と分類されていたnon-mucinous BAC優位の腺癌は、lepidic predominant adenocarcinoma (LPA)という用語の使用を推奨

・従来mucinous BACと分類されていた腺癌は、lepidic growthと浸潤性増殖の程度により mucinous AIS, mucinous MIA, invasive mucinous adenocarcinoma のいずれかに分類する。

・生検で認められる非小細胞癌は、可能なかぎり腺癌か扁平上皮癌に分類すべきである。

・特殊型としては、浸潤性粘液腺癌(以前の粘液産生性BAC)、コロイド腺癌、胎児性腺癌、腸型腺癌の腺癌が含まれている。

 

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら