微小浸潤腺癌(minimally invasive adenocarcinoma(MIA))

≦3cm、lepidic growth優位、浸潤が≦0.5cmの腺癌

・すりガラス影の一部に充実部位を認める(part-solid GGN)。

・野口らの分類type A.Bに代表される上皮内腺癌と浸潤癌の間に微小浸潤癌を設けて、上皮内腺癌ではないが予後のよい腫瘍を分ける試みをしている。

完全に切除されれば患者の生存はほぼ100%である。

・MIAの大部分はnon-mucinousである。

・同じ、part-solid GGNのパターンとして腺癌以外に、器質化肺炎や、MALTリンパ腫も鑑別に挙がる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら