粘液性嚢胞性腫瘍(MCN:mucinous cystic neoplasm)とは?

  • 大部分は女性
  • 膵体尾部に多い(90%以上)。
  • 病理組織所見で卵巣様間質(ovarian-type stroma)が認められる。
  • 悪性(腺癌)の可能性あり(17%)原則手術
  • 厚い線維性被膜と隔壁を持つ多房性腫瘍。時に単房性。
  • 主膵管との連続性は認めないことが多い。
  • 肉眼的形態は「夏みかん」に例えられることが多い。
  • 鑑別:IPMN、macrocystic typeの槳液性嚢胞腺腫

MCTとIPMNの鑑別点

MCT IPMN
女性 男性>女性
年齢 若年~中年 高齢
発生部位 膵体尾部 膵頭部(膵鉤部)
嚢胞の形態 球形~楕円形(ミカン) ぶどうの房状
共通の被膜 あり なし
卵巣間質 あり なし
膵管との交通 ほとんどあり

MCNの画像所見は?

  • 中心部は大きな嚢胞、辺縁部は小嚢胞(mural cyst)、壁内嚢胞(intramural cyst,cyst in cyst)
  •  壁や隔壁に石灰化を伴うこともある。
  • 内容液は粘液であり様々な濃度を呈する。蛋白濃度や粘稠度が高ければ、T1強調像やDWIで高信号を示し、CTでは水よりも高吸収となる。ただし、水と同様の信号強度を示すものも少なくない。
  • 壁在結節(悪性の52%、良性の22%)を認めることがある。
  • 4cm以下、壁在結節なしは良性とされる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。