Solid-pseudopapillary neoplasm(SPN,SPT)

  • 若年女性(10~30歳代)に好発。
  • 予後良好な分化方向不明な上皮性膵腫瘍。
  • 膵臓のどの部位にもできるが、頭部及び尾部に好発する。
  • 稀に悪性例。高齢者ほど悪性例が多い。再発例は5%で肝転移が多く、10年以上経過してからの再発の報告もある。low grade malignancyとしての認識が必要。

SPNの画像所見

CT所見
  • 高頻度に腫瘍内壊死による嚢胞(出血)変性(96%)
  • 嚢胞壁の石灰化(34%) :central、Stippled(斑状)、Eggshellの3パターンあり(輪状・貝殻状・卵殻状)
  • 辺縁部の充実部は造影で漸増性に濃染
MRI所見
  • 嚢胞内の新旧の出血の評価に有用。
  • MRIにてT1WI high(出血を反映)~low、T2WI 不均一なhighが多い。が、多彩。
  • ヘモジデリン沈着により、opposed phase→in phaseで信号低下を認める部位あり。(in phase →opposed phaseでの信号低下は脂肪含有を意味する。)

動画で学ぶSPN

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。