好酸球性肺炎

・肺胞および間質への好酸球浸潤を特徴とする炎症性疾患の総称。

・しばしば末梢血や喀痰へ好酸球増多を伴う。

・我が国でみられるものはほとんどが慢性好酸球性肺炎で、まれに急性が報告されている。急性と慢性は全く異なった病態であり、区別する必要がある。

※好酸球性肺炎の診断には、気管支肺胞洗浄液(BALF)や肺生検で肺局所への好酸球浸潤が証明される必要がある。

※喘息でも中枢~末梢の気管支に好酸球浸潤を認めるが、肺胞領域に好酸球浸潤を認めないため、好酸急性肺炎とは言わない。

好酸球性肺炎とPIE症候群の違い

①肺局所での好酸球浸潤
②末梢血の好酸球浸潤

しかし、施設や症例によってはなかなか①を証明することが難しいことがある。

①が必須→好酸球性肺炎
②が必須→PIE症候群

※喘息でも中枢〜末梢の気管支に好酸球浸潤を認めるが、肺胞領域に好酸球浸潤を認めないため好酸球性肺炎とはいわない。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら