小腸間葉系腫瘍

・紡錘状細胞を主体とする消化管非上皮性腫瘍の総称

・種類は3つに大別。

[deco_bg image=”paper1″ width=””]
GIST:KIT陽性またはCD34陽性
平滑筋肉腫:KIT,CD34陰性、デスミン、α-SMA陽性
神経性腫瘍:KIT,CD34陰性、S-100陽性[/deco_bg]

・下血、腹痛、嘔吐、腹部腫瘤触知、穿孔、腸重積、軸捻転にて発症。

・小腸GISTを合併する疾患:von Recklinghausen病, 家族性多発性GIST

小腸間葉系腫瘍

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。