びまん性汎細気管支炎とは?(DPB:diffuse panbronchiolitis)

  • 呼吸細気管支に病変の主座を置く慢性炎症。びまん性に存在し、強い呼吸障害をきたす。
  • 日本人、韓国人に多い。中年男性に多い。
  • HLA Bw54と関連がある。
  • 副鼻腔炎を合併し∈副鼻腔気管支症候群(日本人の慢性咳の3大要因の一つ)
  • 亜急性の閉塞性障害で、主症状は、慢性咳嗽・痰、労作時息切れ。
  • エリスロマイシンの長期低容量投与により治療。

びまん性汎細気管支炎(DPB)のCT画像所見は?

  • 小葉中心性結節…小葉辺縁構造と2~3mm程度の距離を置く。
  • 小葉中心性分岐影:Tree-in-Bud
  • 小葉内気道拡張→病期の進行とともに細気管支拡張を認める。(但し、最近はエリスロマイシン長期投与により進行例が少なくなってきている。)
動画で学ぶびまん性汎細気管支炎

▶キー画像DPB1 DPB2 DPB3

 

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。