右傍気管嚢胞(気管嚢胞)right paratracheal air cyst,bronchecele

  • 胸郭入口部レベルで右傍気管部背部に観察される憩室状の嚢胞
  • T1〜T2レベルに多い。
  • なぜ右かは不明。男性に多い。
  • 気管との交通が確認されるものも多い(35%)。
  • 鑑別すべき疾患は、laryngocele,pharyngocele、Zenker’s diverticulum、bulla、縦隔気腫などが挙げられる。
症例 70歳代 男性 スクリーニング

気管の右側に囊胞散見されます。

気管との連続性ははっきりしません。

動画で見る。

参考:画像診断 Vol.31 No.5 2011 P412-413

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。