強膜バックリングのCT画像所見

  • 網膜剝離の治療法の一つに強膜バックリングがある。
  • シリコンの手術材料(シリコンラバーやシリコンスポンジ)を強膜に縫い付けることで眼球を一部くぼませて眼球内部に隆起を作り、剥離部の穴を眼の外側からふさぐという手術。
  • CTでは、シリコンラバーは眼球を変形させる眼球周囲の高吸収なバンドとして認められ、シリコンスポンジはair濃度として認められる。
症例 30歳代男性

左眼球に眼球を取り囲むように存在するリング状の低吸収域あり。

シリコンスポンジによる強膜バックリングを疑う所見です。

10年前に手術歴がありました。

参考文献:画像診断 Vol.37 No.13 2017 P1295

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。