前立腺癌のリンパ節転移

  • 所属リンパ節は閉鎖リンパ節、内腸骨リンパ節、外腸骨リンパ節。これらに転移があった場合、N1となる。
  • 他、遠隔転移(M1a)に相当する大腿上リンパ節、総腸骨リンパ節、傍直腸リンパ節、正中仙骨リンパ節、総腸骨動脈分岐部レベルの傍大動脈・傍大動脈リンパ節をチェックする。
  • 短径10mm(8mm)以上を有意ととる。→これでも感度は36%程度。ただし、10mm以下でも指摘はする。転移リンパ節の70%は8mm以下とも報告されている。(PSA>10ng/ml、GS≧8で同じリンパ節でも転移の可能性が高くなると報告されている。(日本版ノモグラム))
  • 多方向からの観察が必要。※coronal像を加えると、内腸骨領域のリンパ節が見やすくなる。
  • DWIを追加して探す。
  • PSMAーPETはリンパ節の検出に優れていると報告されているが本邦での保険適応なし。


lympho-node-metastasis-of-pc

症例 70歳代男性 前立腺癌

prostate cancer lymph node meta2

prostate cancer lymph node meta1

両側閉鎖神経リンパ節の腫大あり、DWIで異常な高信号あり。リンパ節転移が疑われる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。