• アンギオグラフィや胸腹部の造影CT検査後に単純CTを撮影すると、造影剤が血管内に残存していることがあり、高吸収を示す。
  • ミエログラフィ後も脳槽が高吸収となる。
  • MRIの造影剤もGdを使用しているため、高吸収となる。ただし、造影CT後の頭部MRIでは画像への影響は少ない。そのため、腎機能への影響の観点からもヨード造影剤とガドリニウム造影剤を続けて使用することは避けることが望ましいが、どうしても必要な場合は、造影CT→造影MRIという順番が望ましい。

参考:画像診断 Vol.41 No.11増刊号 2021 P71

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。