篩骨紙様板偏倚(紙様板の欠損)

  • 眼窩内側壁である、紙様板の骨壁欠損(あるいは内側偏倚)を認めることがある。
  • 頭部CTで時に偶発的所見として認められる。
  • 剖検例の5-10%に見られる。
  • 複視や眼球陥凹などの症状がない例もしばしば見られ、(特に陳旧性)骨折に対する本人の自覚なしに、偶発的所見としてみられる場合も少なくない。陳旧性眼窩吹き抜け骨折とも呼ばれることがある。
  • 但し非外傷例で6.5%に認めるという報告もある。
  • 内視鏡下鼻副鼻腔手術術前患者では読影の際に記載する必要がある。
症例 70歳代男性 スクリーニング

左眼窩内側壁は篩骨洞に突出していています。

篩骨紙様板偏倚の所見です。

外眼筋はほぼ偏位を認めておらず、無症状の方です。

参考:

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。