回盲弁(バウヒン弁)の脂肪増生

  • 回盲弁に全周性の粘膜下脂肪増生が生じる場合がある(lipomatosis of ileocecal valve)。
  • 中高年の女性に多い。
  • 肥満との関連が疑われている。
  • 一般的には背景疾患はなく、無症状の患者に見つかることが大半で、病的意義は低いとされる。
症例 50歳代女性

回盲弁にそって脂肪増生を認めています。

病的意義は低いと考えられます。

参考:画像診断 Vol.41 No.4 増刊号 2021 P131

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。