腹膜炎の原因には

  • 癌性腹膜炎
  • その他の腫瘍性病変
  • 炎症による腹膜炎

がある。

癌性腹膜炎の原因

  • 胃、大腸の癌の頻度が高いが、膵も原発となることがある。
  • 女性であれば、卵巣癌や子宮体癌が原因となることがある。
  • 漿液性癌の組織像でありながら、これらの臓器に原発を認めない場合、従来、腹膜癌と呼ばれてきたが、最近ではSTIC(serous tubal intraepithelial carcinoma)と呼ばれる卵管の上皮内癌に由来すると考えられている。
  • 他、稀だが、腹腔外である乳癌、肺癌、悪性黒色腫が原発となることがある。

その他の腫瘍性病変

  • 大網に水に近い濃度の播種所見を認めた場合、腹膜偽粘液腫を考える。これは、多くが虫垂由来だが、膵や肝の粘液産生性不要も原発となることがある。
  • 悪性中皮腫が生じることがある。
  • 悪性リンパ腫が腹腔や大網にびまん性に浸潤することがあり、腹膜リンパ腫症(peritoneal lymphomatosis)と呼ばれる。

炎症による腹膜炎

  • 結核性腹膜炎(癌性との鑑別が難しいことがあるが、癌性の場合は腹膜の肥厚が結節状、結核性の場合は広範囲でかつ平滑な肥厚として認める)
  • 化学性腹膜炎(卵巣の内膜症性嚢胞や成熟嚢胞性奇形腫の破裂による。)

参考文献:画像診断 Vol.41 No.4 増刊号 2021 P158-160

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

胸部レントゲンの正常解剖を学べる無料コンテンツ

1日3分全31日でこそっと胸部レントゲンの正常解剖の基礎を学んでいただく参加型無料講座です。全日程で簡単な動画解説付きです。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。