骨盤骨・大腿骨に付着する腱の付着部炎・付着部症

  • 骨の腱や靱帯の付着部をエンテーシス(enthesis)といい、その部分の炎症をエンテサイテス(enthesitis)という。またその部分に起こる異常を総括してエンテソパチー(enthesopathy)という。
  • 中年以降に多い。
  • 使いすぎに伴う腱付着部の炎症の場合、
    ・自己免疫疾患による付着部の炎症(付着部炎):アキレス腱、膝蓋腱によく見られる
    ・腱の変性に伴う腱の信号異常や腱内石灰化を伴う状態(付着部症):骨盤・大腿骨によく見られる

がある。

  • 骨盤・大腿骨の場合、腱の変性に伴う小殿筋・中殿筋の大結節付着部、ハムストリングの坐骨結節起始部などに多い。
  • 腱内に石灰化(ハイドロキシアパタイト)を含むことがある。

参考:
臨床画像 Vol.33,No.5,2017 P585
骨軟部画像診断のここが鑑別ポイント P234

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら