漏斗胸とは?

  • 漏斗胸は胸骨とそれに接合する肋軟骨の陥凹偏位である。
  • 胸壁変形の90%を占める。
  • 頻度は出生児400〜1000人に1人。
  • 男児における頻度は女児より3〜5倍多い。通常は孤発性である。
  • 肋軟骨の過剰成長が原因と考えられている。
  • 前胸部の形状には、深く限局性の明瞭な陥凹(cup-shaped concavity)や、浅く広い陥凹(saucer-shaped concavity、flat chest)などさまざま。
  • 変形の程度により症状が生じ、右室の圧排による収縮期雑音や僧帽弁逸脱、頻脈、動悸、胸部痛、疲労感が出現しうる。

漏斗胸の画像所見

  • 陥凹した胸骨そのものは単純X線側面像でないと描出できない。
  • 単純X線正面像では、
  • 背側の肋骨では通常より水平方向、外側〜腹側の肋骨は急峻に下斜め方向に走行する。
  • 心臓が左方偏位し、右心陰影が消失する。
  • 右下肺野内側に中葉無気肺に類似した陰影が生じる。

と言った所見を認める。

  • CTでは胸骨の陥没が明瞭となる。
  • Marfan症候群の一部として漏斗胸が認められることがあるため、大動脈起始部拡張などを除外することは必要。
症例 40歳代女性

右下肺野内側に濃度上昇を認めています。

浸潤影や無気肺(中葉)のようにも見えます。

また右心陰影がはっきりしません。

また正常例と比較してみると、前肋骨の角度が正常よりも急峻であることがわかります。

第一肋骨と胸骨との接合部位も正常よりもだいぶ下ですね。

CTが撮影されました。

肺野に浸潤影や腫瘤影は認めませんでした。

胸骨が内側に陥没しており、いわゆる漏斗胸の形態です。

漏斗胸によって胸部レントゲンの浸潤影様所見、右心陰影の不明瞭化、前肋骨の急峻化を認めていたと言うことが分かります。

参考文献:

画像診断 Vol.31 No.5 2011 P380
単純X線写真読影のためのキーワード201 P198

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。

画像診断Youtube

画像診断のコツなどを動画にしています。 →画像診断チャンネルに登録する