renal lobar dysmorphism(腎葉異型)とは?

  • 腎皮質と髄質とかなる腎葉が腎実質深部に認める異型。正常変異。
  • 単純CTで腎腫瘤状に見える。
  • 造影CTで腎皮質+髄質が腎実質深部に認めることを確認することで診断できる。
症例 50歳代男性 スクリーニング

renal lobar dysmorphism CT findings

右腎洞に突出する腫瘤性病変あり。ダイナミックにて腎皮質+髄質を腎実質深部に認めており、renal lobar dysmorphism(腎葉異型)。

症例 50 歳代の男性。検診の腹部超音波検査で右腎に異常を指摘。

renal lobar dysmorphism CT findings2011年放射線科診断専門医試験問題54より引用。

右腎洞に突出する腫瘤性病変あり。ダイナミックにて腎皮質+髄質を腎実質深部に認めており、renal lobar dysmorphism(腎葉異型)。

単純CTで腎腫瘤様に見える正常変異

  • Bertin柱の肥厚(prominent column of Bertin):腎皮質のみの腎洞部への突出。
  • 腎葉異型(renal lobar dysmorphism):腎皮質と髄質とかなる腎葉が腎実質深部に認める異型。
  • ヒトコブラクダのこぶ様変形(dromedary hump):脾臓による左腎の変形

の3つが重要。

関連記事はこちら