心臓血管肉腫とは?

  • 心臓腫瘍はほとんどが転移性であり、心臓原発腫瘍自体非常に稀な疾患であり、0.001-0.003%。
  • 中でも良性が75%を占め、悪性は25%。
  • 悪性の中で最多なのがこの心臓血管肉腫で、悪性の中で35%程度。
  • 男女比は1.5-2:1。
  • 症状は、胸痛、息切れ、倦怠感、発熱。
  • 心膜浸潤すると心囊水が貯留し心タンポナーデになることもある。
  • 治療は外科的切除が原則。
  • 遠隔転移を生じた症例についてはインターロイキン 2 やタキソイド系抗癌剤による化学療法が行われる。
  • 予後は不良で平均予後は6か月。未治療では4か月、治療例では10か月程度。
  • 進行が早いため、診断時には約8割で遠隔転移を認めている。
  • 遠隔転移は肺が多く、出血・壊死傾向が強いため肺出血や血気胸を生じる。

心臓血管肉腫の画像所見

  • 右心系(特に右心房)に発生することが最多。
  • 単純CTでは筋肉と等濃度〜軽度低濃度。造影で不均一に造影効果あり。
  • MRIにおいて、T1WIで等信号、T2WIで高信号。造影で造影効果をしめす。
  • びまん性に浸潤した様子はカリフラワー状を呈すると表現されることがある。
  • 右冠動脈が栄養血管となることが多い。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら