筋サルコイドーシスとは?

  • 通常サルコイドーシスは、リンパ節、肺、眼、皮膚を侵すが稀に骨格筋に病変を作ることがあり、これを筋サルコイドーシスという。
  • 筋サルコイドーシスは、急性筋炎型、萎縮型、結節型に分けられる。
  • 症状は、無症状が多いが、筋肉痛、筋力低下、結節型の場合は腫瘤を形成する。
  • 単発のことも多発のこともある、両側であることが多い。
  • 治療はステロイド。

筋サルコイドーシスのMRI画像所見は?

  • T1WIでやや高信号、T2WI・STIRで高信号を示す。
  • すべてのシーケンスで中心に低信号を示すストライプ状の信号あり。dark star signと呼ばれる。
  • 造影において、この中心部は造影効果なし。周辺部には造影効果あり。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。