眼球内(ぶどう膜)悪性黒色腫(ocular malignant melanoma)

  • 多くは脈絡膜発生であり、眼球内後方1/3にドーム状〜ある程度の大きさになるときのこ状の腫瘤として認められる。
  • この形状を呈するのは、腫瘍がBruch膜を貫通して腫大していることを示唆し、同部位にくびれを生じる。
  • 成人の眼球内腫瘍で最多
  • 症状は視力低下や視野障害。無症状のこともある。
  • 肝転移を来たしやすい。

眼球内(ぶどう膜)悪性黒色腫の画像所見

  • T1WIにて高信号、T2WIにて低信号が特徴的。黒色腫に含まれるメラニンが常磁性体物質であり、メラニンの含有量に応じてT1WIで高信号を呈する(つまり必ずしも高信号ではない場合もある)。
  • 造影効果は中等度と言われる。
  • 眼球内で浸潤し、強膜を超えた周囲への浸潤や、視神経に沿った浸潤にはGdによる造影が有用。
  • 悪性黒色腫はCTでは硝子体よりも高吸収を呈する。
症例 60 歳代の女性

糖尿病の眼底検査時に偶然病変を発見された。

ocular malignant melanoma(2008年放射線科診断専門医試験問題18より引用)

左眼球内の内側にT1WIにて高信号、T2WIにて低信号を呈する腫瘤あり。悪性黒色腫に特徴的な信号。

関連記事はこちら