異所性肺石灰化(metastatic calcification)

・高カルシウム血症、慢性腎不全(特に透析患者)、多発性骨髄腫、原発性あるいは二次性副甲状腺機能亢進症、ミルクアルカリ症状群、ビタミンD過剰症、悪性腫瘍の骨転移などに起こる。

正常組織に石灰化が沈着すること。
※栄養障害性石灰化(dystrophic calcification)は代謝異常はなく、腫瘍や壊死の病的組織に石灰沈着すること。

・腎不全の場合、カルシウム代謝異常→二次性副甲状腺機能亢進症→骨吸収や異所性石灰化、アミロイド沈着などを起こす。

・血清Ca×P>75、アルカローシスで発生しやすくなる。

・無症状のことが多いが、進行すると拘束性障害、拡散障害、低酸素血症を来す。

・石灰沈着は、肺、動脈、関節周囲、消化管、目の結膜などに生じる。

・肺の場合、肺胞隔壁、小さな肺血管壁・気管支壁に石灰化沈着を来す。



異所性肺石灰化のCT所見

上葉優位に境界不明瞭な小葉中心性結節をきたし、胸壁の血管に石灰化を伴うことあり。
※上肺に多いのは、換気/血流が高く、結果高炭酸ガス血症になりpHがアルカリに傾いているから。

・基本的に両側だが、片側の場合もあり。

・感染や肺水腫の要素が加わると石灰化の沈着は増強する。

・石灰化のパターンは、

  1. 肺全体、肺尖部、肺底部の多数の小石灰化
  2. びまん性のすりガラス影
  3. 肺炎のように肺葉内に広がるコンソリデーション

の3パターンあり。

・骨シンチにて肺野に集積を認めるのが特徴で、他の疾患との鑑別に使える。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。