gasless abdomenとは?

  • 腹部単純X線写真において腹部のガス像がほとんど消失している状態。
  • 腸管内は水分で満たされており、嘔吐によるガスの消失を示す所見。
  • 正常と見誤りやすいので注意が必要。
  • 絞扼性イレウス、上腸間膜動脈閉塞症、急性膵炎や上部消化管の閉塞でもみられる。
  • 臨床的に急性腹症と考えられればCTやエコーなど精査が必要となる。特に絞扼性イレウスの有無をチェックする。
症例 70 歳代の女性。腹痛と腹部膨満。大腸癌の手術歴あり。

gasless abdomen

放射線科診断専門医試験問題2010年42番より引用。

腹部単純X線写真において腹部のガス像がほとんど消失しています。

gassless abdomenの状態であり、絞扼性イレウスなどの可能性を考慮する必要があります。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら