網嚢(omental bursa)

胃の後方に位置する空間で、腹膜腔と連続している。

・入口は、網嚢孔(epiploic foramen,Winslow’s foramen)と呼ばれ、肝十二指腸靭帯(小網)の背側に位置する。

・腹腔内なので、消化管穿孔の際にfree airが存在したり、腹水や、血腫が限局的に存在することがあるので、注意が必要。

・同部位にヘルニア(内ヘルニア)を生じることがあり、Winslow孔ヘルニアと呼ばれる。

・シェーマで表すと横断像のCTでは、胃の背側に網嚢は存在する。

omental bursa

・冠状断像で腹膜腔を見ると次のようになる。omental bursa1

このうち網嚢にフォーカスを当ててみると、次のようになる。omental bursa2

入り口がWinslow孔で、上方に網嚢内側上陥凹、外側に網嚢外側部が存在するのがよくわかる。また、冠状断像で見ると、網嚢の形は「いいね」のマークに似ている。

Winslow孔が手首、網嚢内側上陥凹が親指、網嚢外側部が握りこぶしに相当する。

症例 70歳代女性 特発性網嚢内血腫

OMENTAL BURSA3

OMENTAL BURSA4

横断像においても、矢状断像においても、胃の背側の網嚢内に高吸収血腫があることがわかる。経過観察にて血腫は消失。原因はわからず、特発性網嚢内血腫。

症例 70歳代男性 多発HCCあり、肝不全あり。網嚢内血腫あり。

OMENTAL BURSA5

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら