胸膜播種(pleural dissemination)、転移性胸膜腫瘍(pleural metastasis)

  • 転移性胸膜腫瘍は、胸膜腫瘍の中で最多。95%を占める。
  • 原発としては、肺癌、腎細胞癌、乳癌、胃癌など腺癌が多い。
  • 一方で胸膜播種は、腫瘍細胞が胸膜腔で散布されて、胸膜腔の他部位に移動し、その移動先で着床して増殖する転移の形態を示す。肺癌や胸腺腫、腎癌で多い。
  • 臨床症状は、胸水、胸痛、呼吸困難など。
  • 鑑別は、悪性中皮腫、アスベストによるびまん性胸膜肥厚、アスベスト以外の原因による線維性胸膜炎。
  • 限局的に腫瘤を形成する場合は、厚い胸膜プラークや、孤立性線維性腫瘍(SFT:solitary fibrous tumor)、結核・真菌・アクチノマイコーシスなどの感染症、膿胸も挙げられる。

胸膜播種、転移性胸膜腫瘍の画像所見

転移性胸膜転移

  • 限局的あるいはびまん性の胸膜肥厚。造影効果を有する。

胸膜播種

  • 胸膜に結節状あるいは不整な肥厚を認め、造影効果を有する。
  • 胸水を伴うことが多いが、伴わないこともある。
  • 葉間胸膜に着目する。葉間胸膜は両面を肺に囲まれており、胸水を伴わない場合は、壁側の面の播種像に比べてわかりやすい。

関連記事)【CT画像あり】胸膜炎とは?原因・症状・診断・治療の徹底まとめ!

50歳代 男性 腎癌 胸膜播種

PLEURAL DISSEMINATION

胸部単純CTの横断像です。

局所的な胸膜の肥厚・葉間胸膜に複数の結節を認めます。

胸膜播種を疑う所見です。

関連記事はこちら