胸郭内甲状腺腫(intrathoracic goiter)

  • 甲状腺下極から発生した腫瘍が、縦隔内部に発育したもの。
  • 縦隔内部に進展する形式として、prevascular typeとpostvascular typeがある。
  • 前者は、左腕頭静脈の前方から前縦隔に腫瘤を形成、後者は、左腕頭静脈の後方から気管沿いに中縦隔に腫瘤を形成する。
  • 病理学的に腺腫様甲状腺腫が最多。

画像所見

  • 甲状腺下極への連続性を観察する充実性腫瘍。ただし、連続性が見えにくい。
  • 造影効果は高い。
  • 石灰化や嚢胞編成の頻度が高い。
  • 辺縁の不整像や周囲臓器への浸潤、リンパ節腫大があれば悪性化を疑う。

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。