眼窩下神経(infraorbital nerve)

  • 三叉神経の第2枝(上顎神経)の一つ。
  • 三叉神経は3つの分枝を形成し、その全てが知覚機能を持つため、分布するどの部位がおかされても疼痛、熱感、掻痒などが起こる。
  • 三叉神経第2枝(上顎神経)は、正円孔を通って頭蓋骨を出て、翼口蓋窩で、頬骨神経、眼窩下神経、上歯槽神経に分岐する。
  • 眼窩下神経は眼窩下溝、眼窩下管を通って眼窩下孔を貫き、顔面の皮膚に分布する。
  • 下眼瞼、上唇、上顎の口腔前庭と眼窩下孔の一部を支配する。
症例 40歳代女性 右頬骨骨折術後

infraorbital nerve

右の眼窩下管内にプレートの突出あり、それにより眼窩下神経を圧迫していると考えられる。

ご案内

腹部画像診断を学べる無料コンテンツ

4日に1日朝6時に症例が配信され、画像を実際にスクロールして読影していただく講座です。現状無料公開しています。3000名以上の医師、医学生、放射線技師、看護師などが参加中。

画像診断LINE公式アカウント

画像診断cafeのLINE公式アカウントで新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 登録していただくと特典として、脳の血管支配域のミニ講座の無料でご参加いただけます。

関連記事はこちら