腸管が捻れる(ねじれる)病気の一つに、S状結腸軸捻転(読み方は「エスじょうけっちょうじくねんてん」英語表記ではsigmoid volvulus)があります。

S状結腸軸捻転とはどういったことが原因で起こるのでしょうか?

またどのような症状が起こり、画像ではどのように見えるのか、治療はどうするのか。

今回は、S状結腸軸捻転について、図(イラスト)や実際のCT画像を用いて解説しました。

S状結腸軸捻転とは?

S状結腸は大腸の一部であり、後腹膜に固定されない結腸として知られています。

そのS状結腸がなんらかの原因で捻れた状態S状結腸軸捻転と言います。

この腸管が捻れた状態である、腸管軸捻転は、S状結腸>盲腸>横行結腸の順に起こりやすいと言われています。

S状結腸捻転とも呼ばれることがあります。

S状結腸軸捻転の原因は?

S状結腸軸捻転の危険因子は

  • S状結腸過長
  • 便秘
  • 高齢
  • 長期臥床
  • 精神疾患
  • 妊娠
  • 小児の場合は、Hirschsprung病や鎖肛

などが報告されています。

上にも述べたようにS状結腸は後腹膜に固定されていない腸管ですので、長すぎることは捻転のリスクとなるわけです。

S状結腸軸捻転の症状は?

S状結腸軸捻転は、突然の腹痛と腹部膨満で発症します。

症状は非特異的と言えますね。

S状結腸軸捻転の診断は?画像所見は?

S状結腸軸捻転の診断は、レントゲンやCTの画像検査によってなされます。

レントゲン

レントゲンでは、S状結腸がガスで拡張し、コーヒー豆様に見えるcoffee bean apperanceを認め、この場合レントゲンのみでも診断可能です。

腹部CT

CTでは、鳥のくちばし状に見えるbeak sign(ビークサイン)や、腸管及び腸間膜が渦巻き状に見えるwhirl sign(ワールサイン)が診断に有用とされています。

症例 70歳代女性 突然の腹痛

腹部CTの横断像です。

拡張したS状結腸を認めており、beak signを2箇所で認めています。

これらは交差するように位置しており、S状結腸軸捻転を疑う所見です。

造影CTの冠状断像ではレントゲンで認めるコーヒー豆様に見えるcoffee bean apperanceをCTにおいても認めています。

またbeak signのほか、渦巻き状に見えるWhirl signを認めています。

S状結腸軸捻転の治療は?

理学所見や臨床検査データから腸管壊死や虚血、穿孔がない場合は、内視鏡による整復術(内視鏡的整復術)が適応となります。

逆にこれらを疑う所見がある場合は、手術の適応となります。

S状結腸軸捻転の手術適応

  • 腹膜刺激症状
  • 血便
  • ショック
  • 遊離ガス(free air)
  • 内視鏡的に整復できなかった症例

とされています。

参考文献:わかる!役立つ!消化管の画像診断 P240,241

最後に

S状結腸軸捻転についてまとめました。

  • S状結腸軸捻転は大腸の一部であるS状結腸がねじれる事で発症する。
  • 突然の腹痛や腹部膨満が症状として起こる。
  • レントゲンや腹部CTが診断には有用。
  • 治療には早期で合併症がない場合は内視鏡的整復術が適応となる。

 

腸管の病気として、盲腸(虫垂炎)や腸炎、憩室炎などと比べると頻度はかなり少ない疾患と言えますが、非常に特徴的な画像を示すので覚えておきましょう。

参考になれば幸いです( ^ω^ )

関連記事はこちら

画像診断LINE@

新しい企画やモニター募集などの告知を行っています。 是非こちらから登録ください。